« 無題 | トップページ

2013年1月29日 (火)

愛犬の寝うんこ問題について

1890726621_73
犬を飼い始めて一年ちょい。
今までは無かったのだが、今年に入ってから2回も起きたのがこの愛犬の寝うんこ問題だ。
その名のとおり寝てる間にうんこを漏らすのだが、
ここで問題なのが、犬は毎日おれと一緒に寝ているところなのである。

最初のとき、布団の中が臭いな、またおならしたんかな、と思ってた。が、おならにしてはなかなか臭いが消えない。
おれも半分寝惚けてたので、多少気にはなったが、そのまま寝てた。
でも、あまりにも臭いが消えないのと、犬がなんか布団の中を嫌がって枕元に来たとき、
犬から漂ううんこ臭を嗅ぎ、まさかと思い布団を捲ると、布団の中で潰れてあっちこっちに付きまくってる
うんこがあったのだ。

いっぺんに目が覚め、これは大変だと、どうすればいいかと考えた。
被害を最小限に抑える為、まずうんこの付きまくってる犬を抱えて風呂場へ。
犬を洗うと同時におれも服を脱ぎ洗濯機に入れて体を洗う。
そのあと犬を隔離し、うんこの付いたシーツと布団を風呂場へ仮置く。
幸い、シーツは裏地がビニール素材になっている、赤ちゃん用のおねしょシーツを使ってるので、
マットレスまではうんこ成分は行ってなかった。
シーツ、布団を順次洗ってる間、一応床をアルコールで拭いておく。
そして、替えの布団とシーツのセットをしてと…

本当大変だったのだ。
もう勘弁と思ってたのが、今日さっき。なんと二度目の寝うんこ事件が起きたのだ。
本人(犬)も寝てる間になんか出ちゃった感じで、わざとやってる訳ではないので叱ることも出来ない。

ただ、2回目となると、一連のうんこ処理をするのも我ながらびっくりするくらい手際がよくなっており、
あぁ、これならコンビニで働いても仕事覚えられるかもな、と思いながら手を動かした。

しかし、一番の問題は、今後犬と一緒に寝るのが不安になった事だ。
犬と一緒に寝ることは、おれにとっても大きな喜びであるため、どうしたもんかと考えている。

画像は、新しい替えの布団を布団乾燥機で温めている所に潜り込んでるうんこ野郎。

|

« 無題 | トップページ